スケジュール管理としてのマインドマップ

スケジュール管理に使うマインドマップ

マインドマップを毎日使いたい!そんな方に、気軽に使えるのが、スケジュール管理です。

本日のスケジュールに上げたいもので思いつくままに5分くらいでたくさん描き出します。スケジュールの項目だけでもいいですが、もう少し内容に入っていってもいいです。

この時間をちょっと楽しみながら集中しましょう。仕事だけでなくても、OK。仕事が終わったら誰々と飲みに行くとかそんな楽しい予定も一緒に出すと良いでしょう。

他のツールと連動しよう

出し尽くした感が出てきたら、書き出したものをスケジュール帳や、パソコンのスケジュール管理ソフト、アプリなどに写していきましょう。

やっていただくと分かるのですが、漏れなく全部出せたという感覚が安心感を生みます。

マインドマップを毎日続けることができるので、マインドマップの書き方に慣れる点でも良い使い方です。ぜひ試してみて下さいね。

第1階層を決めた紙を作ってコピーする

何回も書いていると、同じような内容が出てくるというケースもあるかも知れません。自分のスケジュールを考える上での軸ができてくるかも知れません。たとえば、「仕事」「ファミリー」の2つかも知れませんし、「上司」「部下」「プロジェクト」「子ども」かも知れませんね。

このように大きな括りが見つかってきたら、第1階層に毎回書いていくとよいです。省力化するために、一枚原紙を作ってしまって、その紙をコピーして使い回すことも可能になりますね。

その際の留意事項は、かならず空<カラ>のブランチを準備しておくことです。分類に入らない単語が浮かんだときには、どんどんこの空いているところに書いてOKとしておきましょう。

分類ができればできるほど、それ以外のモノを書き出すことが気持ち悪く感じるモノ。すべてを書き出すのがポイントです。

==

ぜひ挑戦してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする