マインドマップを学ぶ上でのコツ

学ぶときの基本の心構えはたった2つ

私が良く初心者の方に申し上げているのは2つだけ。「楽しむこと」「作品を目指さない」この2つです。

まずマインドマップを書くこと自体を楽しんでください。

新しいコトに挑戦するときには、実はどれも同じなのですが、楽しむことが上達の近道。特にマインドマップは、思考ツール=道具なので、楽しみながら使ってみることをお勧めします。

もう一つは。「作品」を目指さないことです。

書籍や雑誌に掲載されているマインドマップの多くは、インストラクターが発表用に作ったいわば作品。場合によっては1枚に2時間も掛けているケースもあるのです。

皆さんがビジネスや日常生活でマインドマップを使うときには、むしろ5分や10分で書けるマインドマップが主流のはず。まずこの普段使うマップからスタートするのがお勧めなのです。

短時間で書く簡易版のマインドマップは、トニーブザン氏が40年前に創り上げたマインドマップの原型に近いモノですが、現在販売されている書籍では、残念ながら説明のほとんどが、最新型のフルスペックのマインドマップのみ。

ミニ・マインドマップとフル・マインドマップの比較

でもどちらもマインドマップなのです。

マインドマップ入門講座はこちら

SNSでのシェアのお願い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする