methods and procedures research paper curriculum vitae basico pdf gratis internet marketing literature review essay competition south africa 2019 q3 essay examples sample essay prompts for middle school lth master thesis

単語は、どのくらい書けばいいの?

マインドマップで「単語」は鍵だ!

マインドマップというと、単語で書くんですね。よく言われます。ただ機械的にルールですからと覚えて、そのとおりやっている方も多いかも知れませんね。でも、きちんと役割が分かった上で、使う方が良いですよね。

単語が多い方が良いのか?それとも少ない方がよいのか?この疑問にもお答えしていきます。

マインドマップにおける単語の役割

記録する/再現する 単語=記憶のフック

マインドマップに単語で書き出す。これは、確かに文章よりもスピードが早いですよね。でも早いだけでは意味がない。ここに、頭の中で起こっているイメージの代替であるということを意識しておきたいのです。そして、

記録した単語で、元のイメージが再現できるか。

これがポイントです。単語は記憶のフックとも呼ばれる所以。

単語の量は少ない方がいいのか?多い方がいいのか?

ここで、最初の疑問。単語ってたくさんあった方が良いですか?それとも少しで良いのでしょうか?人によってもテーマによっても異なるので、一概には言えない。基準をどこに置くかというと・・・・

そこで、「元のイメージが再現できるくらい」がポイント。多すぎると遅くなるし、少なすぎると再現できない。自分なりの量。テーマなりの量を考えてほしいのです。

===

初心者の方は、このあたりの按配がわからないので、多めに書いておくことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする