普段本で見るマインドマップは初心者向けではなかった?

マインドマップの3A 守破離

マインドマップを作りあげたトニー・ブザンは、日本文化にもとっても強い関心を持っています。和食が大好きですし、合気道もやっていました。最近では囲碁にもはまっているようです。

さて、そんなトニーが作りあげたマインドマップの学び方は、3つの段階で学んでいくことがポイントです。

まず、ルールに従ってマインドマップの作成に慣れる。(守の段階)次に、一部のルールを自分で破りながら自分なりのマップに変えていく。(破の段階)そして最後に、ルールを離れ自分なりの世界を構築する(離の段階)。この3つの考え方があります。

皆さんが、色々な形で本なので見るマップは、多くは作品。「守破離」の離の段階に進んだものも多いのです。だから、スタートは守から。まずはルールをしっかり学ぶことも大事です。

マインドマップ入門講座はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする