思考を深める力 なぜマインドマップを使うと深く考えられるのか?

自分自身の考えがない?

考えがないというのは、実はあり得ないこと。私たちの頭は、テーマをもらうと自動的に考えを拡げていく脳両区があります。だから、考えはある。でも考えが出ないと感じることはあるのです。

そこには、さまざまなブロックが考えを止めてしまっているケースが多いようです。

単語が書き出せない方に マインドマップのコツ

マインドマップで引き出せる!

自分は考えるのが苦手という方にも、マインドマップはお勧めです。理由はとても簡単。線を引いて、単語で書き出すということが、ある意味で、質問をしているのと同じ効果が得られるからです。

自分自身の注意をあるテーマに長い時間惹きつけておくのは、集中力のトレーニングなどが必要だと言われていますが、マインドマップは、「質問」という形で、意識を惹きつけて放さない効果があります。重要なコツは1つだけ。

「ブランチが先、単語が後」

単語を書く前に線を先に引く。

マインドマップを使うことで、15分から、場合によっては2時間以上。楽しみながらひとつのテーマを考えることができるようになるのです。もしそれができたら、皆さんの仕事の仕方はどのように変わるでしょうか、想像してみてほしいのです。

考えがないのではと思う前に、マインドマップを試してみませんか。効果絶大です。

マインドマップ入門講座はこちら

SNSでのシェアのお願い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする