マインドマップのメカニズム~アイデアを引き出す

マインドマップを支える脳の働き

こんなクイズを見たことがあるかも知れません。これがマインドマップととってもつながりのある図形なのです。

問いは簡単!「三角形は何個ある?」です。
カニッツァの三角形

実際ちょっと数えてみてくださいね。

答えはいくつになりましたか?

答えへの道筋は、定義から

三角形の定義は、何がを確認しておきましょうね。「三本の直線で囲まれた図形」ですよね。

さあ、答えは、「ゼロ個」です。

なぜって、そもそも三本の直線で囲まれた図形がないからです。

ゲシュタルトとマインドマップ~単語を引き出す効果

皆さんの中には、きっとほとんどの方が、大きな三角形が2つ重なっていて、さらにないかな。あっ 小さいのもあったから、8つかな。。。なんて感覚だったのではないでしょうか。

線のないところに線が見える。これが「ゲシュタルト」という現象。人間の脳が勝手に補正してしまうのです。実際に書かれているのは、不等号が3つとパックマンみたいな形が3つなのに・・・・。

この現象は、マインドマップでも活用されています。それが、「ブランチが先 単語が後」という重要なルール。単語がたくさん出てこないんですという方は、ぜひ、単語が浮かばないときには、カラでもよいので線を引いておきましょう。

しばらくすると埋めたくなって書いているはず(!?)です。ぜひお試しください。

マインドマップ入門講座はこちら

SNSでのシェアのお願い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする