マインドマップの用途を考えるには

ツールの力を認識する=使いこなす近道

マインドマップって万能ですよね。でも自分にはどう使って良いか分からないです。こんな質問を講座でいただくことがあります。マインドマップの使い方を見つける

そんな方のために、ちょっとしたヒントをご提供しましょう。

マインドマップは、思考ツール!ツールということは「道具」。例えばドライバーやペンチ、メイクで使う筆やブラシみたいなモノ。

道具にはそれぞれ、実現する「力」があります。ここでは「まるまる力(●●力)」と表しておきましょう。道具によってこの力は、異なるわけです。

ドライバーであれば、「ねじを廻す力」ですし、ブラシであれば「髪を梳く力」というワケです。マインドマップの使い方を考える切り口

マインドマップの●●力は何だろう?

マインドマップも道具である以上、この「●●力」はあります。ただ、いくつもあるので、少し説明が必要です。

個人で使う場合に5つの力が発揮できると考えています。チームで使う場合にはこれにもう一つが加わって、6つになります。

  1.  考える力
  2.  伝える力
  3.  受けとる力
  4.  組み立てる力
  5.  考え続ける力
  6.  共有する力

この5つの力+1をみながら、どんな用途ができるかを考えると良いと思います。

ビジネスシーンでどう使うかを考えてみませんか?

マインドマップブログの続きはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする