大人の学習には4つの特長があった

大人が学ぶためには子どもとは異なる条件が必要だった!

大人と子ども、講師として伝え方が異なるばかりではなく、実は条件自体が違っていた。

大人の学習

この考え方、アンドゴラジーという大人の学習理論で取り上げている内容です。巻き込んで、経験をベースに、効果重視で、すぐに問題解決に使えること。なるほど。

マ大人の学習に最適!使い方を明確にしてからマインドマップを学ぼう!

この切り口をマインドマップに当てはめてみると、面白いことが分かります。マインドマップの書き方の講座は、結構この4つの特長に合っているように思うのです。そもそも用途の広いマインドマップは、自分で何に使うかを考えながら使わないと、役に立たない。実際の体感や経験をしながら、使い方を学んでいく。効果が確認できる。問題解決ができる。

そう考えると、皆さんがマインドマップを学ぶ際にも、この観点を重視しておくと良いと思います。

欲張らずに1つでもいいので、これで使おうと決めてから学ぶことをお勧めします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする