マインドマップの定義を探してみた!

マインドマップの定義がない?

マインドマップって何?と聴かれたときに、インストラクター自身がちょっと困ることがあります。定義文がなかなか見当たらないのです。というのも、欧米では、マインドマップはこの40年間で普及し、何?と聴かれること自身があまりないのです。いわば「常識」になっているようです。
そこで、英語のホームページから、マインドマップの定義を探してきました。
マインドマップの説明マップ

創造性のロックをはずす!記憶力を伸ばす!人生を変えてみよう!

マインドマップって何だろう。

それは、強力な「図式化・見える化」テクニックで、誰もが持っている脳の潜在能力を開放する、誰に でも使える鍵なのだ。

マインドマップは、脳のとてもたくさんの 能力と関わっている。言葉、イメージ、数字、論理、リズム、色、空間認知などなどとだ。しかもその関わり方は、マインドマップ ならではのものなのだ。脳の能力は大きな広がりを持っているが、その中をあちらこちらと使いこなしていくことができるのだ。

マインドマップは、人生のいかなる場面においても、学習の改善や、思考の明確化を達成する。そして、人間のパフォーマンスを向上 させるものなのだ。

脳の能力を「書くだけで」使いこなしていくツール

いかがでしたか?この定義文を見て、あれ?単なるノート術ではないんだと感じた方もいるかも知れませんね。そう、学べば学ぶほどその効果の大きさに、感動する!そんなツールです。

是非使ってみてくださいね。

SNSでのシェアのお願い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする