家族旅行のためのマインドマップ

家族旅行に活用するマインドマップ!子どもと一緒にまとめよう!

旅行の楽しさは、準備にもそして最中にも、終わった後にもあります。家族旅行を1回で三倍楽しむ方法をご紹介します。

旅行計画・旅行まとめのマインドマップ

  1. 旅行準備のマインドマップ
  2. 旅行中の計画を決めるマインドマップ
  3. 旅行後の思い出整理のマインドマップ

家族旅行を計画するマインドマップ

旅行が上手なヒトは、計画するときが一番楽しいなんて言います。家族との旅行は子どもが小さかったりすると、なかなか何度も行けないし、子どもが大きくなってしまうと旅行自体が変化するのでまさに、一度限りの経験ですよね。そんなときに、マインドマップで計画すると楽しいです。大きめの白紙を準備したら、こんなコトがしたいんだと言いながら、マインドマップ上に書いていきます。幼稚園くらいの子どもがいるときには、お父さんやお母さんが代わりに書いてもいいでしょう。

色々書いたら、冷蔵庫に貼っておいて、思いついたら加えていきましょう。

パンフレットなどから切り抜いたり、お気に入りのサイトから写真を印刷して貼っておくと良いでしょう。

旅行に出てからもこのマップが役に立つ

あんまり計画をきちんと決めすぎても面白くない。宿泊するのであれば、初日は移動中、二日目以降はその日の朝にマインドマップを取り出して、どこに行こうかを考える。全体が見えるのでバランスが良く皆の意見が入った旅行プランが簡単に作れます。

順番も簡単に決められますし、出発前に絶対にここだけは行きたいと思っていても、忘れてしまって悔しい思いをすることもなくなります。

思い出整理のマインドマップ

今回のマップは、京都在住の税理士の先生が、家族で大阪旅行に行った後に、家族全員で作ったマインドマップ。旅行から帰って、作ったモノです。何が楽しかったかな?と子どもに聴きながら、お父さんとお母さんも自分の楽しかったことを書いていきます。あそこでこんなコトがあったよね!とか、ここは面白かったとか、子どもの視点とお父さん、お母さんの視点が混ざり合った家族の旅行マインドマップが出来上がります。入場券を貼ったり、ガイドブックから切り抜いたり、撮ってきた写真を貼ったりすることもできますよね。

この税理士の先生は、このマップを見るとこのときの旅行のことが思い出されて、思わず笑顔になるのだそう。

===

旅行のマインドマップ 3種類の使い方をご紹介しました!皆さんも試してみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする