授業に使うマインドマップ詳細

新刊書籍の詳細

書籍の目次などが公開になりましたので、ご紹介しますね。第2部マインドマップ実践講座が私の原稿です。一部カラーページを入れながら、約70ページ。しっかり書き込むことができました。

授業に生かすマインドマップ

目次

第Ⅰ部:授業で使うマインドマップ

Chapter 01 マインドマップとは何か

01-01 マインドマップとは
01-02 なぜマインドマップを導入するのか
01-03 マインドマップの活用

Chapter 02 いくつかの使い方:実践のヒント

02-01 スケジュール管理
02-02 レポートのためのテーマ設定
02-03 要  約
02-04 レポートの構成
02-05 ノートの取り方
02-06 予習ノート作り
02-07 グループで使うマインドマップ

Chapter 03 予習マップを使った授業

03-01 予習マップを活用しよう
03-02 予習マップを使った授業の効用
03-03 いくつかの指導上の補足(Q & A)
03-04 予習マップを使った授業の限界

第Ⅱ部:マインドマップ実践講座 (上田担当)

Chapter 04 マインドマップの基礎

04-01 マインドマップって何だろう?
04-02 ミニワークで学ぶ単語の効果
04-03 オリジナルの「学び方の手順」(概要)
04-04 イメージを連想
04-05 短期記憶の限界を超える「見える化」
04-06 思考の筆算
04-07 ミニマップをかきながら発散のコツを身につける
04-08 仕上げの重要性を考える
04-09 ミニマップのまとめ

Chapter 05 マインドマップの応用

05-01 マインドマップの用語解説
05-02 スキル:色を使いこなす
05-03 スキル:イメージを使う
05-04 スキル:BOI は気楽に
05-05 実践ワーク:フル・マインドマップを仕上げる
05-06 マインドマップの実践活用のヒント
05-07 マインドマップを使い続ける

内容説明

よりよい学びのためのマインドマップ活用法

アクティブラーニングを支援し、よりよい学びを深めるために、様々な場面で縦横無尽に生かせるためのマインドマップ活用法を事例を交え、分かり易く丁寧に紹介。紙上で研修を体験できる実践講座も収録。

●著者紹介
関田一彦(せきた・かずひこ)
創価大学教育学部教授。専門分野,教育心理学。
担当:Chapter 01, 03

山崎めぐみ(やまさき・めぐみ)
創価大学学士課程教育機構准教授。専門分野,ステューデント・アドバイジング。
担当:Chapter 02

上田誠司(うえだ・せいじ)
株式会社エクセル教育研究所社長。ThinkBuzan 公認マインドマップインストラクター
担当:Chapter 04, 05

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする