マインドマップは書き直しをしてこそ力を発揮する

一度書いて終わり?マインドマップで思考を整理する

重要な内容の場合何度も書き直すことができるのも、マインドマップの特長です。書き直すたびに新しい視点が加わったり、後で見てみると重要ではなく思えてきて、書かなくなったりして、その時々に応じて思考自身が変化をしてきます。

書き直しの力

深く考えることが何度もくり返されるので、書き直すことで頭は整理されます。

一度目は出し尽くす/二度目は少しだけ整理してみよう

一度目のマインドマップでは、思いつくまま。なるべくたくさんの単語を書くことに集中します。丁寧でなくてもいいので、ハイスピードでたくさんの単語を書きます。

一方、二枚目のマインドマップでは、少しだけ整理を意識して書くと良いでしょう。具体的には、中心に近くに重要そうな単語を並べて、後はまた自由に発散していきます。

書き直しの際には、ビジネスツールで良く活用される「フレームワーク」を意識したり活用したりするのもお勧めです。フレームワークに当たる単語(たとえば6W3Hや、3Cなど)を第一階層に単語として載せておいて、前回のマップを見ながら、書き直すのです。これによりさらにロジカルな整理をすることが可能です。この際のコツは、フレームワークが4つであれば、5本から6本のブランチを引いて、数本の空<カラ>ブランチを残しておくのが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする