伝える!伝わる!キーワード思考

伝える!伝わる!キーワード思考 トップ画像

いよいよ発売!マインドマップ実践活用法

仕事で仕事でもっとマインドマップを使いたい!でも、なかなか使いこなせない。そんな方にお勧めの電子書籍がアマゾン/キンドルから発売になります。

キンドルのリーダーを持っていないからと諦める必要は全然ありません。iPhoneやiPad、Androidのスマホやパッドユーザーの方であれば、そのままお読みいただけます。紙よりも便利な電子版で、通勤電車の中でも楽々!マインドマップの考え方を、基礎から学んでみませんか。

伝える!伝わる!キーワード思考 マインドマップ実践活用法

アマゾン/キンドルの当書籍販売サイトはこちら。

スマホ(iPhoneやAndroidスマホ)やパッド(iPadや、ギャラクシーノート)などへのキンドルアプリの導入はこちら。

ビジネスパーソンが、使い続けるには「理屈」と「活用シーン」が必要

子どもと大人のマインドマップ導入は、そもそもスタートから違います。楽しいかどうかを基準にする子ども達に対し、大人は、理屈!
?なぜ、中心から書かないといけないのか?
?単語ではなくて、文章で書きたいのになぜ単語なの?
?ブランチというグニャグニャした線は、なぜ必要なの?

マインドマップを始めるにあたり、そもそもの疑問が解決されないと、先に進めない。多くのビジネスパーソンに見られる傾向です。

そして、効果があるシーンが継続的にあること!これが、使い続けていただくコツです。

だからコミュニケーション!日常の仕事の中でたくさん使うシーンがあります

これらの疑問に、一つ一つ丁寧にお答えしていくのが、今回のキーワード思考シリーズのひとつのポイント。しかも実践的な活用シーンをご提案していきます。

キーワード思考 マインドマップ実践活用法

まずは、色もイメージもないミニマップでしっかり使い方と効果を学んでから、使い込んでから次のステップに進んでみるのはいかがでしょうか。

まずは、電子書籍からはじめて見ませんか!

『伝える!伝わる!キーワード思考』
マネージャーのためのマインドマップ実践活用法<コミュニケーション編>

伝える!伝わる!キーワード思考 マインドマップ実践活用法

上田誠司著 アマゾンキンドルにて発売 販売サイトはこちら。

スマホ(iPhoneやAndroidスマホ)やパッド(iPadや、ギャラクシーノート)などへのキンドルアプリの導入はこちら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする