malmo sweden case study literature review and meta analysis ppt cover letter internship computer engineering business plan sample about restaurant email vs letter essay touch the pickle case study essay context analysis

インストラクター紹介

ブザン公認マインドマップインストラクター

当社では、マインドマップのビジネス展開に詳しい、2名のブザン公認マインドマップインストラクターと契約をしております。
これにより、講座コンテンツの質的向上を図ると共に、対応力を高め、安定した講座提供をしてまいります。


上田 誠司(うえだ せいじ)

ブザン公認マインドマップインストラクター 上田 誠司
1964年横浜生まれ。上智大学卒業後、松下電器産業株式会社(現 パナソニック株式会社)に入社。20年11ヵ月経理・財務でビジネス経験を積む。
専門は、外国為替と投資家向け広報(IR)活動で各々7年以上の経験。その間、欧州通貨Euroの導入担当として英国に赴任、外国人投資家などとのIR対応を約800件こなし、経営トップのストーリー制作にも携わった。2007年2月に退社、4月に株式会社エクセル教育研究所を設立し、社長に就任。以降現職。
エクセルを用いた業務改善や研修提案を経て、現在はマインドマップのビジネスパーソンへの普及に力を入れている。IR時代に培ったコンテンツの制作、プレゼン能力には定評がある。
マインドマップでは、多くの読者を獲得した無料小冊子で、ビジネスパーソン向けの活用方法や、初心者のための注意点を広く発信。4年間で15000部を超える人気小冊子となった。YouTubeのマインドマップの描き方は14万ヒットを数える。
著書 『いますぐEXCELやりたいこと事典』(宝島社)
記事掲載『本当に頭が良くなるマインドマップかき方超入門』アスキー


矢吹 博和(やぶき ひろかず)

ブザン公認マインドマップインストラクター 矢吹 博和
立命館大学理工学部卒業後、山一証券の関連会社である山一情報システム(現CSK)入社。ネットワークシステム構築・インフラ設計・グループウェア導入コンサルティング業務に携わる。
1998年IT技術者育成の株式会社ネクストワークスに入社し、IT技術育成コース企画・開発・講師も行う。未経験者向けのIT技術者育成プログラムで1000名以上の技術者を育成し、その卒業生を母体にし、2000年に技術者派遣会社である株式会社ITワークスを設立。
2006年、株式会社ラーニングプロセスを設立、代表取締役就任。
『見える化』 で企業を活性化する企業研修企画の第一人者。
『視覚会議』 をはじめ、マインドマップのビジネス応用分野で最も長い経験と、多数の成功事例を持つ。


サポートプロフェッショナル

マインドマップをより実用的・実践的に活用できるように、サポートプロフェッショナルとの契約を組んでおります。ビジネス活用では欠かせないiMindMapでの活用や、多くのビジネスパーソンが苦手とするイラスト講座などを展開しています。


ソフトウエアテスター 金子 正晃氏

ソフトウエアテスターであり、IT関連の書籍を数多く手がけるテクニカルライター。
マインドマップ関連では、2009 秋のマインドマップキャンペーン(ALMACREATIONS主催)でiMindMap賞を受賞。iMindMap活用に幅広い活用事例を持つ。ブログ「winとMacでiMindMap 」には独自の視点での活用事例・分析結果を公開している。
実体験に基づき組み上げるiMindMapテンプレートには定評がある。『本当に頭が良くなるマインドマップかき方超入門』 では、付属のCDーROMに、同氏のテンプレートが多数掲載されており、記事と共に実用性が高いと人気。

iMindMap マインドマップテンプレート


イラストレーター やまもと さをん

サポートスタッフ さをんさん
マインドマップと関係の深いイラストレーター。2008年にはブザン教育協会主催の第1回マインドマップコンテストで、マインドマッ プ部門一般で大賞を受賞した。

ブログ「マインドマップ1年生 plusフォトリーディング!」では、イラスト豊富な個性あるマインドマップを公開。 また、「さをん屋」としてイラスト制作を請け負う傍ら、株式会社ラーニングプロセスにてマインドマップのビジネス研修にも携わる。


『本当に頭が良くなるマインドマップかき方超入門』 では、付属のCDーROMに、同氏のiMindMapイラスト素材が収録されている。金子正晃氏とのコラボで、iMindMap テンプレートでもイラストが活用されている。書籍の挿絵としては、『IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」』(技術評論社)を手がけている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする