【マインドマップを使おう】新マインドマップビジネス実践講座

【マインドマップを使おう】

ロジカルシンキングが苦手!

念願の企画の担当者に抜擢

リーダーとしてメンバーをまとめる立場

マインドマップ 最初の質問

自分の力が発揮し切れていないとしたら。。。

本当に自分の本来持っている力が発揮でできているのか疑問に感じたことはないですか?

?なかなか考えがまとまらない/うまく整理ができない
?アイデアを求められているのだが、なかなかうまくいかない
?チームリーダーとして、チームをまとめていく自信がない

実は、すべて皆さんが最初から持っている力だとしたらどうでしょうか。

時代が変わった!新しいスキルに対応するのに必要な基盤のスキルは何か?

既に感じていらっしゃると思いますが、産業革命以降の工業時代に求められていた力と、今の私たちがビジネスパーソンとして求められる力は異なります。

ビジネスを巡る環境も変化してきています。モノを作れば売れる時代は、大昔のこと。従来のやり方を続けていては、歴史ある大会社も表舞台から姿を消す時代なのです。

ビジネスパーソンに求められる力

だから、ビジネスパーソンには、新しいコトに挑戦していく力<アイデア発想>が重要になり、さらに、一人でやれることよりも上司や部下、同僚とともにチームを組んで取り組むこと<論理思考とコミュニケーション>がますます重要になっててきます。

ところが、実はこの力を磨くために、ビジネススキルをひとつひとつ磨く前に押さえておきたいのが、「考えていることを見える化する」というスキルなのです。この見える化スキルがいわば全体の基盤(オペレーティングシステム:OS)スキルとして機能する。

「見える化」で既に持っている自分の力を引き出した上で、ビジネススキルを磨く。だから、本当の力が発揮できるというわけです。そこで、マインドマップです。

とてもシンプルな手法での皆さんの本来の力を引き出します!

実はマインドマップでやることはたった一つだけ。それは、

頭の中で起きていることを紙やPC画面の上に写すことです。

皆さんの頭の中で起きていることは、実は皆さんが思っているよりも、たくさんのコトがしかも同じ並行的に起こっています。この仕組みを知らずして、自分の持つパワーを引き出すことは難しいのです。

頭のなかで起こっていることの仕組みを知り、見える化のやり方を知る。この2つが揃って使いこなせるわけです。

マインドマップ セミナーで学ぶこと

受講生の声

 マインドマップを使いこなしている人の声

「頭のなかで起こっていることの仕組み」と、「見える化のやり方」

この2つを40年以上にわたって、研究し伝え続けてきたのが、知の巨人がトニーブザン氏です。弊社代表の上田自身もマインドマップに関連するセミナーに延べ10日以上参加し、直接薫陶を受けてきました。深い感銘を受け、マインドマップを日本のビジネスパーソンに広げる活動を続けています。

今回お届けする講座は、このトニーブザン氏の公認講座です。

想像してみてください。

2日間の講座が終わって、皆さん自身が、こんなことを感じているシーンを!

?いままで気付かなかった自分の考えに気付く!
自分の中から次から次へと新しい考えが浮かんでくる!

?結構 論理的に整理ができるようになった!
?言いたいことをうまく伝えることができた!
?えっ こんなコト考えていたんだ! こんなコト知っていたんだ!

そしてさらに、

?自分の限界を超えられた!
?自分の可能性を信じることができる!
?自分が好きになる!

と感じられる。これらはすべて、当社マインドマップ講座の受講生の声なのです。

まずかけるようになる!これが1日目

トニーブザンの公認講座は、2日目に実施しますが、実は、今回のその前に、特別な講座を追加しています。これが『マインドマップかき方・学び方講座』です。日本のビジネスパーソンを中心に1000名以上にお伝えしながら創り上げてきた、「どうかくか、どう学ぶか」というプロセスに特化した講座です。

7つのステップで学ぶ

他の会社の講座との最大の違い!それは、くり返しお伝えし、トレーニングしていくミニマップのかき方の3鉄則と、思考のプロセスといわれるかき方のステップです。

さらに、背景の理由付けもしっかり行います。たとえば、「なぜあの形なのか」「なぜ単語でないといけないのか」「どうやってたくさんの単語を紙の上に載せるのか」「書きだした後、その内容をどうやって活用すればいいのか」というベーシックなスキル!

本で挫折した方も、100%かけるようになる!そんな講座です。

マインドマップの各要素の理由付けを探す旅は、原著とCDから!

トニーのここ数年の講座を受けても、残念ながらマインドマップのかき方のスキルに触れることはできません。というのは、トニーご本人にとっては、すでにマインドマップのかき方は1990年代で自分の中では完成していて、それ以後マインドマップが欧米諸国やアジア、中近東に広く普及していたため、トニーが教える相手は、ほとんどがマインドマップをかけるようになっていたのです。だからかき方を教える必要性がなかったのです。

では、どこにその手法やスキルがあるのか。それは、マインドマップのバイブルである「ザ・マインドマップ」以前の様々なインストラクターとの共著の書籍であり、その時期に録音されたCDだったのです。その多くが翻訳されていないため、原著や英語のCDに数多く当たる必要がありました。(書籍については近年、たくさんの翻訳書が増えてきて嬉しい限りです。)

これらの学びを進めた結果、1つの結論に達しました。フルマップを重視した従来の講座から、トニー自身がマインドマップを40年育ててきた<過程>に沿って組み立ててお伝えしよう。

これが当社の考案したミニマップのかき方から始まる「マインドマップのかき方・使い方」講座の成り立ちなのです。

結果として、ビジネスパーソンの皆様にわかりやすいように、7つのステップに整理しました。単語やブランチの役割にはじまり、「イマジネーション」と「アソシエーション」のマップとの関連性まで、しっかりと練り込みました。

「大人には大人の」マインドマップの伝え方

ただし、教え方は実は子どもと大人では大きく違います。

ビジネスパーソンに求められる力

小中学生には、理屈は不要。カラーペンとかき方の手順だけ教えれば、どんどん描き始めてしまいます。ただ、社会人にとっては、「なぜ?」が納得できないと、その通りに行動ができない。なので、理屈と体感で納得いただきながら進める必要があるのです。

ここが、ビジネスパーソンが、本物ののマインドマップがかけるようになる鍵なのです。

マインドマップは思考ツール

マインドマップで実現できること すべて!

当社ではビジネスパーソンが改めてマインドマップを使ってどのようなことが実現できるのか、実現したいのかをあらためて整理してみました。

マインドマップの用途一覧

紙一枚とカラーペンを使いこなすだけで、こんなコトができる!これって魔法のようですよね。実は皆さんがもともと持っている力を引き出しているだけなんです。

あえて「ビジネスパーソン向け」と謳う理由は

上の使い方の一覧を見ていただいて、そういえば、「マインドマップって読書とか講演会の議事録とか、記憶に使うって聴いたことがあるのだけれど。」とおっしゃる方がいらっしゃるかも知れません。

その通りです。

マインドマップは、もともと学習ツールであり、小学生から大学生まで、日本のさまざまな教育機関では、マインドマップがすこしずつ普及をしてきています。そこでは、読書術、記憶術、作文の書き方などの様々な使い方をトレーニングしています。

ビジネスパーソンに求められる力

でも、ビジネスパーソンむけの本講座では、あえて、講座内で説明する用途を3つに絞ることにしました。

ビジネスパーソンの皆様が、今欲しい力としてこの3つをピックアップしたのです。マインドマップが思考を捉える基盤として機能することで、アイデア発想、論理思考、コミュニケーションに関する他のスキルを学んだ際に、理解力と活用の幅が大幅にアップする効果が期待できます。

もちろん議事録や読書、記憶など知識のインプットツールとしても活用可能ですが、講座では扱いません。かき方と考え方を学んだら、独自にこれらの用途に広げていただくことは十分に可能です。 (独習用の特典も準備していますので、この後説明します。)

現状を変えたい!変化が必要だ! 自分の力をもっと信じられるようになりたい! 職場を変えたい!チーム力を変えたい! そんなエネルギーのある方のご参加をお待ちしています。

2日間講座でしっかり学ぶ。

トニーブザン氏の講座に、かき方はないと申し上げましたが、本当に海外の講師の方は、かき方は教えないようです。どう使うか重視です。一方で、これまでの経験から言っても、日本の受講生の方は、かき方が知りたい。このギャップをどう埋めるかというのが、これまでの講座では大きな課題でした。

当社では、オリジナルのかき方講座を展開してきましたが、いよいよトニーブザン公認の講座を導入します。ただし、公認講座の体感だけでは、やはり日本人のニーズには合わない。そこで、2日間の講座にすることにしました。

2日受講がオススメ

原則として2日目を受講いただく際には、1日目からご受講ください。すでにTLIを取られている方など、書き方や考え方などの自信があり2日目の受講を希望される方は、お問い合わせください。

講座に関するお問い合わせは、こちらまで。

講座開催日程 お申し込みはこちらから

ぜひ一緒に、ロジカルシンキング、アイデア発想、コミュニケーションの3つのスキルを高めるマインドマップ講座にご参加ください。2日間連続のW受講割りがお得です。

buy201

buy202

buy203

マインドマップかき方・使い方講座
<本物が全員がかけるようになる!>
2014年8月2日(土)
9:30~18:30
武蔵野商工会議所
第一会議室
bt_sh3
マインドマッププラクティショナー講座
<背景の考え方をより深く学ぶ>
2014年8月3日(日)
9:30~18:30
武蔵野商工会議所
第一会議室
bt_sh3
かき方・使い方+公認講座
W受講価格
2014年8月2日~3日
各日9:30~18:30
武蔵野商工会議所
第一会議室
bt_sh3
マインドマップかき方・使い方講座
<本物が全員がかけるようになる!>
2015年2月7日(土)
9:30~18:30
ちよだプラットフォーム
第一会議室
bt_sh3
マインドマッププラクティショナー講座
<背景の考え方をより深く学ぶ>
2015年2月8日(日)
9:30~18:30
ちよだプラットフォーム
第一会議室
bt_sh3
かき方・使い方+公認講座
W受講価格
2015年2月7日(土)
9:30~18:30
ちよだプラットフォーム
第一会議室
bt_sh3

講座カリキュラム

マインドマップに関連して、学ぶべき内容は、本当に多岐にわたります。作成技法と学習モデルや脳と記憶の内容は、相互に関連しながら1つの体系になっています。

1日目の講座では、日本のビジネスパーソンに好評な作成技法の観点からお話をします。2日目の講座では、TEFCASや脳と記憶、さらに目指す姿を含めた、トニーブザン氏公認の内容をお伝えします。両方を有機的に組み合わせることで、より深い理解と効果を得ることができます。

全体カリキュラム図

マインドマップかき方・使い方講座 カリキュラム(変更になる場合があります。)

マインドマップかき方・使い方講座 カリキュラム

ThinkBuzan公認 マインドマッププラクティショナー講座 (変更になる場合がございます。)

ThinkBuzan公認 マインドマッププラクティショナー講座カリキュラム

マインドマップセミナーのまとめ(ファクトシート)はこちら

マインドマップに関する特別レポートはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする